受験・学校

スタディサプリを浪人で使おうと考えている人は要注意!?使う前に知っておきたいこと!

大切な浪人生活の1年、スタディサプリで大学合格するのか気になりまよね。

この記事は、浪人生活でスタディサプリで学習しようとしている方に、スタディサプリを使う上での注意点を紹介します。

チェックリストとして読んでもらえると嬉しいです。

公式サイトはこちら→【公式】スタディサプリ

スタディサプリを使う浪人生が注意したいこと

スタディサプリで対応できる大学のレベルを知る

スタディサプリでは、偏差値の低い大学から早慶上理といった難関大学のレベルまで対応した講座があります。

しかし、国公立志望の人の場合は、記述の添削が現状スタディサプリではないため、スタディサプリ以外で対策が必要です。

授業のレベルは上まである一方で、もちろん授業だけでは、そのレベルに達することは不可能。

スタディサプリだけでなく、塾でも、授業外で問題演習を繰り返しする必要があります。

添削をしてほしいという方は、添削力で圧倒的に高い評判のあるZ会がおすすめです。

自宅で済むので、スタディサプリと併用しやすいのも魅力。

資料請求をすると、お試し教材も送ってもらえるので、イメージを掴むことができます。

スタディサプリで、分からないところの質問はできる?

スタディサプリでわからないことは質問できますが、月額9800円の合格特訓プランというのに入る必要があります。

合格特訓プランは月額9800円で、LINEのような画面で質問し放題、年間では11万7600円かかります。

塾と比較すると遥かに安いので、映像授業だけでは心配な人は利用してみるのがおすすめです。

合格特訓プランに関する記事:スタディサプリ合格プランを解説

誰もモチベーションを上げてくれない?

モチベーションが続くか分からない人は、スタディサプリに向いていないかもしれません。

モチベーションが下がり、勉強をしなくなった時に、自分で危機感を持ち、上げようとできる人であれば大丈夫です。

一方で、1度下がったら、誰かが向こうから厳しく接しにきてくれないと家でゴロゴロしているままという方は要注意。

自分でモチベーションを上げに行こうと思える方であれば、月額9800円の合格特訓プランでモチベーションの上げ方を質問したり、身近に頼れる人がいれば話を聞きにいくなどするのがよいでしょう。

スタディサプリの無料体験はこちら

スタディサプリが本当に向いている浪人生は!?

勉強は得意な方だが、時間がなかったために浪人した人

偏差値の高い高校に通っていたけど、部活などで時間がなかったために、難関国立、早慶上位学部には惜しくも合格できなかったという人はスタディサプリがおすすめです。

スタディサプリには受験対策講座があるので、得意科目に関しては受験レベルの授業を受け、過去問や難易度の高い問題集で演習を重ねるのがよいです。

苦手な科目に関しては、基礎講座で理解を深めながら、参考書で演習を繰り返すことで、知識を定着させていくことができます。

このやり方は宅浪する人向けなので、現役時代に受験勉強を始めてから、ぐだらず勉強していた人向けです。

宅浪は高確率で、自分に甘えてしまうのでよく検討した上で使うのがよいでしょう。

自分のモチベーションは、自分で上げる努力ができる人向けの勉強方法です。

塾と併用したい浪人生

浪人用の塾というとまとまったコースでないと入塾することができない塾が多いです。

ただ、塾の授業で分からなかった箇所を解決したい、授業で扱っていない範囲を勉強したい場合にはスタディサプリをうまく活用できます。

月額980円で幅広いレベルの授業を受けることができるので、疑問解消、授業外の学習としては手をつけやすく、満足に学習を進めることができます。

親に金銭的な負担をかけたくない親思いの浪人生

浪人するのはいいですが、浪人生活の塾費用は非常に高額です。

河合塾、駿台、代々木ゼミナールなど大手3大予備校などを始め、 年間100~150万円が相場で、医学部専門予備校200~500万円ほど必要になります。

スタディサプリであれば、年間を通じて、11760円とテキスト代(1冊1000円ほど)ですみます。

自己管理ができて、宅浪したい浪人生

ある程度、自分で現状にまずいと気づくことができ、それを改善することができる自己管理ができる受験生であれば、スタディサプリはぴったりです。

浪人する際は、宅浪したいという浪人生は多いですが、宅浪をするのであれば、自宅で質の高い映像授業を受けることができるスタディサプリは相性がいいといえます。

スタディサプリを浪人で使う前に、失敗した原因の分析が必要

受験の失敗は勉強量あるいは質の不足にあり

浪人したからといって落ち込むことは全くないのですが、大学受験に失敗した原因のひとつとして、勉強量あるいは、勉強姿勢ややり方など質が不足していたことが考えられます。

勉強量の面では、受験勉強を始めるのが遅かったモチベーションが維持できなくて勉強しない日があったなどです。

質の面では、反復学習の概念がなかったり、勉強への取り組み方が間違っていることが原因としてあります。

ただ、自分で自分の勉強の質が低いと気づくのは、中々難しいです。

勉強の質と量に関してもう少し詳しく見ていき、受験に失敗した原因からどんな勉強方法で次の受験に向かうべきなのか考えていきましょう。

1.失敗の原因:モチベーションが維持できなくて、勉強量を維持できなかった

勉強を全くしない日が1週間の内にあったというくらい、モチベーション維持に失敗した方は、スタディサプリだけで浪人生活を乗り切るのはかなり難しいです。

だからといって塾に入っても、モチベーションが上がるかというとそうではありません。

何かしらもちーベーションを維持してくれる環境に自分を置くことが大切です。

浪人成功は、険しい道のりになりでしょう。

➀スタディサプリだけで受験を乗り切る=少々危険
➁複数の塾に体験に行き、勉強への強制力が強い塾+スタディサプリ=〇

2.失敗の原因:勉強の開始が遅かった

難関国立・私立大を目指していたけど、高校3年生の8月以降に勉強を開始して、成績は伸びてはいたものの、あと1、2歩足りなかったという人は、現状と志望校の差によりますが、受験で成功する可能性は高いでしょう。

グダりさえしなければ、受験の成功を掴み取ることができます。

➀スタディサプリ=〇
➁塾+スタディサプリ=〇

3.失敗の原因:勉強の質が悪かった

勉強の質が悪かったかどうか判断するには、以下に当てはまっているか確認してみてください。

☑1日あたりに終えることができる学習量が足りない
文系であれば、全科目には触れる、社会1科目なら本気を出せば2か月で0からセンター7割に持っていけるかなどが判断基準になります。

☑勉強しているのに、思っているよりも成績が伸びないと感じたことがある
場合によっては、受験で大失敗する可能性が高いです。勉強姿勢ややり方に関して、随時アドバイスしてくれる人がいてくれた方がよいでしょう。

勉強時間が取れていたのは前提で、上記の項目に当てはまっていたら、勉強の質が低い可能性は高いです。

➀スタディサプリ+合格特訓プラン=〇
➁スタディサプリ+個別アドバイスの機会が多い塾=〇

スタディサプリの無料体験はこちら

【さいごに】浪人して落ち込んでいる方へ・・

「人生に失敗など存在しない」

先日キングコング西野さんが近畿大学の卒業生に送った言葉です。

本当にその通りだと思います。

この記事を読まれている方の中には相当つらいと思いをされているかたもいるでしょう。

でも、落ち込むことはありません。

「挑戦には必ずネガティブな結果がつきもの」です。

これは受験だけでなく社会に出てからも同じです。

大学受験に落ちたからといって悲観的になることは全くないのです。

EDUSEARCH編集部は2回、3回と大学受験に挑戦するかたを心から応援しています。

結果がどうであれ全力を尽くしてほしいと思います。

スタディサプリで十分成績を伸ばすことができる

「スタディサプリの授業で本当に成績が伸びるの?」

と思われていませんか?

スタディサプリ利用者で東大・早稲田・同志社などの難関校の合格者も多数おられます。

*大学受験の例

中学・高校・大学と塾に行かなくても難関校に合格してる人は沢山いるのは事実です。

とくに周囲に塾がない地域に住まれている方に支持されています。

スタディサプリは何回も見直しができて時間がなくても復習できるところが最大のメリット。

授業では分からないところが出てもその瞬間にわかるまで聞きなおすことができないですが、スタディサプリは動画なのでわかるまで聞きなおす事ができるから納得いくまで勉強ができます。

また、東進などの有名予備校よりも安価で成績を伸ばすことができます。

唯一のデメリットは、

「仲間なしで自分で頑張れるか?」

この一点で、自宅で集中できないときは図書館や自習室、カフェなど集中できる環境で利用するのがポイントです。

重要なのは自分に必要なことをどうやって勉強するか。

参考書をベースに、分からないところや苦手な教科だけスタディサプリを利用するなど、自分に合った方法を見つけて効率的に勉強することが大切です。

ぜひ、頑張ってほしいと思います。


スタディサプリ大学受験・高校生向けはこちら

スタディサプリ高校受験・中学生向けはこちら

スタディサプリ中学受験・小学生向けはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です