サービス選択

合格実績うさんくさいという声が多かったので、反論してみた:合格実績との向き合い方とは!?

ネットを調べてみると合格実績が嘘や信用できないという意見が多くあったので、合格実績とどう向き合えばよいのかポジティブに考えてみました。

読む前に、虚偽の合格実績はよくないということ、どういう方法で算出しているか不明瞭なのは事実という前置きをさせていただきます。

ただ、多くの人は合格実績の高い塾・予備校を最終的に使うので、批判的な意見だけではなく、合格実績との向き合い方をポジティブに紹介させてもらいます。

まず合格実績とは?

qimono / Pixabay

まず合格実績と聞いてイメージするものは、その高校・塾で何人の人がどこの大学に何人受かったのかを示す指標。

ただ、ここで注意しておきたいのが、多くの塾や高校の合格実績は大学に合格した人数ではなく、合格した延べ数であるということです。

例えば、ある塾全体の早稲田大学合格者数が800名だとすると、これは800人が合格したのではなく、何人かの生徒で延べ800個合格したことになります。

1人の学生が早稲田大学の文学部、法学部、経済学部に合格したら、3名という数え方がメジャーです。

また塾ではそういったことは聞くけど、高校ではそんな数え方はしていないのではと思う方もいると思いますが、私が高校生の時に所属していた高校含め、多くの高校がそういった数え方をしています。

合格実績=出願数×合格率

Pixapopz / Pixabay

合格実績を式で説明したあとに、どうすれば伸びるのか説明していきます。

合格実績は、その塾や高校全体の出願数のうち、どれくらいの割合で合格するのかで決まります。

➀出願数=1人あたりの出願数×学生数

つまり、合格実績を伸ばすには、受かりそうな学生に確実に合格してもらうために多く出願してもらう、学生の人数を増やすことで伸びる可能性があります。

合格率は、学力の高い学生を集客・育成、AO・公募など特殊な入試形態、入試科目の調整などで高めることができます。

じゃあ、合格実績ってあてにならないのでは?

合格実績に関しては、懐疑的な声があるのも無理はないです。実績があるところに安心感を抱くのは当然だからです。

ただ、合格実績に懐疑だからといって、あの塾や学校は、ああだこうだという話は、この記事では扱いません。

たしかに合格実績の高い塾や高校に入ったから、実力以上の大学に受かるわけではないです。ただ、実績が盛られているのであれあることが、プラスに働く場合もあります。

なぜ、プラスに働くのか、この後に説明します。

合格実績は不透明でも、受かるのに一番大切な環境が揃っている

例え、合格実績がどう算出されたのか不透明でも、多くの合格実績を出している塾や高校に行くのは間違えではないです。

まず、合格実績のある塾や高校は、受験成功に必要な「受験勉強の開始時期」が早いです。

そういった高校の学生は、そんなに早く始めていないと、言うかもしれませんが、まず実績のある高校に行くためにした勉強や、何気ない日々の学校の勉強だけでも、合格実績が高くない高校の学生との差を広げるには十分です。

この「受験勉強の開始時期」の早さはさることながら、開始した時の学力も違うのが、実績のある高校や塾です。

その学校や塾のおかげかは分かりませんが、そもそも数人でもそういった学生が同じ環境にいるだけで違ってきます。

そういった学生を集客することができていること自体に価値があります。誰も勉強していなかったり、誰も頑張らない部活よりかは、何人も自分よりレベルが高くて、やるのが当然といった環境の方が、体が動くのは当然です。

また、1人が複数受かっているから、あてにならないのではと思う方は、早稲田も慶應もMARCHも何個も受かってしまうくらい余力がある人が周りにいる環境をポジティブに捉えてみてください。

さらに、出願指導に強い


全部が全部そうではないかもしれませんが、合格実績の高い公立・私立の高校や塾は、出願指導が高確率で強いです。

どう強いのかというと、たくさん受けるように指導されます。

もちろん、これが嫌だという方や、意味分からないという意見があるのはもちろんですが、今回はポジティブに紹介させていただきます。

受験本番になると第一志望群の大学の受験数を減らしたり、浪人できないのに滑り止めや安全校の受験数を減らしたい衝動に駆られることがあります。

例えば、「過去問は解いてるけど、たまにしか合格点が取れないから、早稲田は2つから、1つだけにしよう」、「こんなところ受けてる場合じゃないし、どうせ行きたくないから、ここは無くそう」といった感じです。

ただ、これにより念願の大学に受かったかもしれない、滑り止めを確保して安心した状態で挑戦校を受ける、といった機会を逃してしまうかもしれません。

ここで、当の受験生を説得してくれる可能性が高いです。

合格実績との向き合い方まとめ

「合格実績って結局何人かが、たくさん受かってるんでしょ」と思われがちですが、それは受験開始が早い人が多い、レベルの高い人が多いというこ考えることもできます。

また塾全体として合格実績が高くても、校舎単位やコースで見ると受かっていない校舎もあるので、合格実績が高い塾を選ぶ際は確認してみるのもよいかもしれません。

私の体験談ですが、受かっていない校舎には何かしらの問題があります。学力高い人がよりつかない原因があったり、教える側の指導力だったりです。

また、コースであっても早慶コースやMARCHコースという分けられ方がされていても、意外と受かっていなかったり、元から高い人しか受かっていなかったりします。

知らないともったいない!オンライン英会話特集:英会話教室で学ぶのもいいけど、、

料金も受講場所も自由に選択可能!おすすめオンライン英会話

オンライン英会話は、英会話教室に通わなくても、外国人講師とスピーキングレッスンを受けたり、TOEICなど資格学習の授業を受けたりすることができます。

今回は目的別に、低価格で利用できるおすすめのオンライン英会話サービスを紹介します。オンライン英会話はかなりの数がありますが、EduSearch編集部が、料金面とサービス内容からおすすめのものを厳選して目的別に1つずつ紹介します。

オンライン英会話のメリット・デメリット

【メリット】
オンライン英会話は料金が安く、場所や時間など自由度が高い英語学習をできるのが魅力です。
【デメリット】
教室に通わないので、一般的には続かないということも起こってしまいます。

目的別でオンライン英会話を探す

格安で外国人とスピーキング強化!レアジョブ

レアジョブはパソコン・スマホ・タブレットと場所を選ばずに、世界のノンネイティブスピーカーの中でも1位の英語力を誇る優秀なフィリピン人講師と対面でオンライン英会話レッスンが受けられるサービスです。

朝6時~深夜1時の間、1回25分(187円~)でレッスンを受けることができるだけではなく、レッスン開始の5分前から予約をして開始することができるので、毎日継続して英語を話す機会が欲しいという社会人の方でも継続して利用しやすいのが特徴。

日本人スタッフによる学習相談サポートなどもあり、ビジネス英語では認定講師と呼ばれる一定以上の指導の質があるフィリピン人講師のみが担当し、オンライン英会話大手の充実したテキストで出張や就職、旅行などに備えることが可能です。

料金:日常英会話毎日25分コース月額5800円(187円/1レッスン)、ビジネス英語毎日25分コース月額9800円(316円/1レッスン)
講師:フィリピン人講師
学べるジャンル:日常英会話、ビジネス英語
得意なこと:スピーキングレッスン

編集部の仕様感コメント

最初は日本語通じなさそうだし大丈夫かなと不安でしたが、使ってみると、困った感じは全くしませんでした。

ただ、ある程度英語の基礎があった方が有効活用できそうだなというのが率直な感想です。他の何かで基礎などを身に着けた後か、身に着けながら外国人とも毎日話す機会が欲しいという方におすすめです。

目的別で探すに戻る公式サイトで体験レッスン

月額2980円で本格TOEIC対策!スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース

スタディサプリENGLISH L&Rコースは、月額2980円PART別問題演習、TOEIC模試、英語界のトップ講師である関先生の講義をスマホ1つで受講できます。

英会話とTOEICスコアを平行して、伸ばしたいという方は多くいますが、英会話教室やレアジョブなどスピーキング強化サービスと併用するのもおすすめです。

テキストがかさんでしまい、外出時に持ち運び不便なことが多いTOEIC対策をスマホ一つで全てできるのはかなり便利だといえます。

スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コースの特徴

1.TOEICのPART別対策がスマホで簡単に受けられる
2.トップ講師である関先生の英文法やTOEIC対策講座受け放題
3.学習時間管理機能もついて便利

料金:月額2980円
学べるジャンル:TOEIC対策

編集部の仕様感コメント

TOEICは複数PART別に問題形式が分かれており、スマホとパソコンのみでトレーニングができるため、参考書を持ち運ぶ必要がないのが便利でした。

また、オンラインでトレーニングできるからこそ、結果が記録されます。しっかりと数値で正答率が出ることで、PART別にトレーニングする必要があるなどが分かりとても頼もしいサービスでした。TOEIC学習教材やサービスは数多くありますが、TOEIC800点以下の方で、短期間でTOEICスコアを絶対に伸ばしたいという方におすすめです。

目的別で探すに戻る公式サイトで体験レッスン

月額980円で日常英会話を本格対策!スタディサプリENGLISH日常英会話コース

スタディサプリENGLISH日常英会話コースは、月額980円で発音やリスニングトレーニング、英語力チェックなどのコンテンツが使い放題です。中学レベルの基礎から英検準1級レベルまで、段階別で学ぶことができます。

スマホ1つで時間や場所に関係なく、高品質な発音矯正や、リスニング力を強化が低価格でできるサービスはスタディサプリENGLISH日常英会話コースくらいといっても良いかもしれません。

趣味で外国人と話したい、旅行に備えて英語力を磨きたい、とにかく英語を通じてなんとなく自分に自信をつけたいという方を始め、英語学習のスタートにもってこいです。

スマホやパソコンで受講可能ですが、ドリル形式ながら、英会話教室で教わるかのように能動的に受講することができるため、英語をアウトプットする機会が多く、毎日継続すれば英語力は確実に伸びます。

スタディプラスENGLISH 日常英会話コース特徴

1.いつでもリスニングテストなどで自分の英語力をチェックできる
2.中学レベル~の細かいレベルで分かれた場面別レッスンで、リスニングと書き取り練習ができる
3.実力確認ができるリーディングテスト、単語力確認テストあり

料金:月額980円
学べるジャンル:日常英会話

編集部の仕様感コメント

日常英会話というと、漠然と外国人と話すことをイメージされる方が多いですが、スタディサプリENGLISH日常英会話コースを使えば、旅行を楽しめるくらいには数カ月ほどでなれます。

外国人と話すために必要な単語力、リスニング力、スピーキングトレーニングができるコンテンツが使い放題で、どのコンテンツも音声を聞き取って単語や文を入力するなどこちらが主体的に学習を進める必要があるので、ついついテキストを眺めるだけなど甘えてしまいがちな自分にはぴったりでした。

目的別で探すに戻る公式サイトで体験レッスン

オンラインでプロによる本格パーソナルトレーニング!ALUGO

ALUGOは最低2か月~4か月で、プロの講師からのオンラインマンツーマン指導が受けられるサービス。

他のオンライン英会話サービスや英会話教室と違うのは、英語力を伸ばすために一番重要な自習を継続できるようサポートしてくれるのがALUGOを使う最大のメリットです。

商社や経営コンサルタント、外資系企業勤務のビジネスマンが信頼して利用する質の高いサービスで、忙しい社会人だからこそおすすめです。

料金は高いですが、英語のぐだぐだ学習を卒業したいという方は、思い切って利用してみるのもよいかもしれません。

料金:2カ月プラン198000円、4カ月プラン386000円
学べるジャンル:日常英会話

ALUGO特徴

1.英語力測定&フィードバックで英語力を客観的に把握
2.25分×32回のオンラインマンツーマンレッスン(2カ月コース)で圧倒的なレッスン量(=圧倒的な英語学習時間の確保)
3.バイリンガルセッション50分×8回
4.充実した自学習サポート:宿題管理、オンラインチャットで学習相談など気軽に可能、スピーチ添削(1日2回)、単語学習アプリなど

目的別で探すに戻る公式サイトで体験レッスン

【紹介したオンライン英会話まとめ】
1.1日187円で毎日25分スピーキング練習「レアジョブ

2.月額980円で本格的な日常英会話対策ができる「スタディサプリENGLISH英会話コース

3.月額2980円で本格的なTOEIC模試とPART別対策ができる「スタディサプリENGLISH L&Rコース

4.料金は高いけど、グローバル企業130社で英学習支援のあるオンラインパーソナルトレーニングができる「ALUGO