受験・学校

解説がない!東進過去問データベースの利用価値・その他の解説付き過去問無料ダウンロードサービスはある?

高校3年生になると過去問に本格的に取り組む時期がきます。しかし、受験する大学の過去問を複数年分、赤本で全て揃えるのは大変なことです。

東進過去問データベースでは、過去問を無料で使うことができますが、解説がついていません。過去問対策は大切ながら、解説がついていないのは非常に痛いです。

そこで、東進過去問データベースの活用方法、その他の過去問ダウンロードサービスを紹介していきます。

大学受験において過去問演習は非常に大切なので、本当に解説なしで過去問を解いていくのか、あえて解説がないながらも東進過去問データベースを使うのかを検討するためにも参考になると嬉しいです。

この記事を読むと、東進過去問データベースの活用方法、使い方(印刷方法)、他サービスに関して分かります。

東進過去問データベースの公式サイトは、こちら→【公式】過去問データベースをチェック

目次

  • 東進過去問データベースとは?
  • 他の大学入試過去問サービスと比較してみた
  • 東進過去問データベース登録方法
  • 東進過去問データベースの印刷方法【要注意】
  • 解説がない!東進過去問データベースどう活用すればいいの?
  • 東進過去問データベースで困ったことがあった際はこれをチェック!
  • 東進過去問データベースとは?

    Anemone123 / Pixabay

    無料で大学入試の過去問を入手することができる

    東進過去問データベースは大学入試の過去問を無料で入手することができます。

    赤本1冊の値段が2000円前後なのを考えると、無料であるだけでかなり魅力的なサービスです。

    赤本1冊あたり2~3年分の過去問しか含まれていないため、大学と学部で10冊用意するとなると2万円ほどと高額。多くの過去問を解きたい人には、必須のサービスです。

    東進に入っていなくても使える!

    「東進大学入試問題データベース」という名称ですが、東進に入っていなくても、無料登録さえすれば、誰でも利用することができます。

    解答速報も見れる

    東進過去問データベース上では、解答速報という、入試問題の解答を見ることができます。

    例えば、2月7日に上智大学の試験があったとして、1週間後に2月7日に行われた上智大学の入試問題と答えを見ることができるというものです。

    合格発表日前に、自分の合否が気になるという方におすすめです。

    185校以上の大学とセンター試験の過去問を見ることができる

    東進過去問データベースでは、国立・私立合わせて計185大学以上の過去問を見ることができます。

    大学過去問は最大23年分、センターも23年分見ることができます。

    国立では、東京大学や一橋大学といったトップ校から幅広く揃っており、私立も早慶や女子大などの過去問が揃っています。

    またセンター試験の過去問も印刷することができるので、分厚い黒本や青本を買わなくて済みます。センター試験は解説などがしっかりと載っているため、自習もしやすいです。

    ただ、国立・私立大学の過去問に関しては、答えは載っていますが、解説はないので要注意。

    他の大学入試過去問サービスと比較してみた

    Mediamodifier / Pixabay

    スタディサプリ、パスナビ、ベネッセマナビジョン、東進過去問データベースで比較してみました。

    掲載されている大学・年度の多さ

    結果的にいうと、東進過去問データベースは圧倒的な量の過去問を無料で見ることができ、私大受験者の人は特に登録しておくべきでしょう。

    スタディサプリ:140大学3年分
    パスナビ:170大学以上5年分
    ベネッセマナビジョン:120大学以上国公立大しかない
    東進過去問データベース:185校以上23年以上

    解説や登録の必要は?

    私大受験者で解説が知りたい人は、スタディサプリ、パスナビに、国立志望者で解説が見たい人は上記2つに加えて、ベネッセマナビジョンに登録するのがおすすめです。

    操作のしやすさ使いやすさでは、スタディサプリがダントツで良いです。

    東進過去問データベースと、スタディサプリ、パスナビ、ベネッセマナビジョンの中から1つを選び、最低でも2つほど登録しておくとよいでしょう。

    スタディサプリ:解説付き・無料体験会員になる必要あり(お金は発生しません)
    パスナビ:解説付き、英語は全訳あり・会員登録が必要
    ベネッセマナビジョン:国立大のみで解説と英語の全訳あり・会員登録が必要
    東進過去問データベース:解答のみで、解説なし・会員登録が必要

    基本的にどのサービスも、無料の会員登録が必要です。

    東進過去問データベース登録方法

    東進過去問データベースを利用するには、公式サイトで無料の会員登録をするだけでできます。

    下記ボタンから公式サイトを訪問し、会員登録のボタンを押して、個人情報の入力をすると登録完了になります。

    過去問データベースに登録する

    東進過去問データベースの印刷方法【要注意】

    必ず問題PDFのボタンを押して印刷する

    東進過去問データベースにログインし、見たい大学名から、入試問題を見ることができます。

    ➀その際に上記画像の「問題PDF」を押してから、印刷するようにしてください。

    ➁「問題PDF」を押すと、画面中央下側に印刷のアイコンが表示されます。

    ➂印刷アイコンを押したら、印刷方法を詳細設定からします。(使用している検索エンジンにより異なる可能性があります。)

    ➃印刷の向きを、国語のみ右閉じ、それ以外は左閉じで印刷してください。

    印刷の向きは、文字が縦書きか、横書きかで変わります。国語は基本的に文字が縦書きなので、右閉じ、その他は基本的に横書きなので左閉じです。

    解説がない!東進過去問データベースどう活用すればいいの?

    基礎力がついてから活用するのがおすすめ

    過去問演習は基本的に、基礎力がついてから解くのがおすすめです。英語であれば、英単語・英熟語・英文法・英語構文が基礎にあたります。

    自分が受ける大学のレベルにもよりますが、解こうとしている大学の難易度に応じた基礎力は必ずつけておきましょう。

    基準が分からない人は学校の先生や塾の先生に相談してみてください。

    基礎が入っていない状態で過去問演習をしてしまうと、解く時間がかかる、そもそも解けない、復習に時間がかかってしまうなど障害が多く、何も得ることなく一日が終わってしまいます。

    解説がないからこそ、試行錯誤ができる

    geralt / Pixabay

    東進過去問データベースの国立・私立大学の過去問には解説がありません。

    普段は塾の授業や参考書などで丁寧に解説されたものを使用していた人にとっては、大きく力を伸ばす機会になるかもしれません。

    例えば、英語なら文章の理解などを自分で調べる必要があることや、授業で教わった解き方などを実践する機会になります。

    解き方のような方法を教わっても、多くの場合自己流で解きがちです。それは、授業で教わった後に、意識していなかったり、そもそも教わった方法を理解できていなかったり、参考書のシンプルな解答を見たことで忘れてしまったりと原因は様々です。

    東進過去問データベースなら、解説がないので、解き終わった後に開設を見て、先入観を持つことを防ぐことができます。

    多くの場合、解説を見たら、どう解けばいいかと考えることを辞めてしまいますが、無いからこそ考える機会を得るといった点で、実力を伸ばすことに繋がるでしょう。

    赤本よりも持ち運びが便利

    赤本の持ち運びは重たくて大変です。しかし、過去問データベースなら、その日に解く予定の過去問だけを印刷して、学校や塾に持っていけるので、荷物が増えなくてすみます。

    身軽に学校や塾に行きたいという人には、うってつけです。

    第3志望以降は東進過去問データベースを活用!

    第1、2志望はしっかりと赤本を揃えるのがおすすめです。しかし、第3志望以降の過去問に関しては、そもそもあまり解く時間がないことが多いです。

    そのため、必要に応じて印刷していくことで、赤本を無駄に買わずにすみます。

    また第3志望以降は自分の実力に近い大学があるはずなので、そういった大学であれば、丁寧な解説は必要ないというのもあります。

    しっかりと解説が見たい場合は、他の過去問無料ダウンロードサービスを活用する!

    スタディサプリ
    140大学3年分ずつで解説付きです。非常に使いやすいので、おすすめ。

    パスナビ:解説付き、英語は全訳あり
    170以上の大学が5年分ずつ、解説つきであります。スタディサプリと使いくらべて、解説が分かりやすい方を使ってみるのがよいかもしれません。

    ベネッセマナビジョン
    120以上の国公立大学の過去問が解説つきで見ることができます。

    東進過去問データベースで困ったことがあった際はこれをチェック!

    geralt / Pixabay

    私が数年間に渡り使っている中でエラーが起きたことなどなかったのですが、「ID・パスワードを忘れてしまってログインできない場合」や「PDFファイルって何?」、いろいろな解決策を試したけど直らないということが稀にあるようです。

    万が一エラーが発生した際は、こちら→東進過去問データベースのよくある質問をご参考ください。

    知らないともったいない!オンライン英会話特集:英会話教室で学ぶのもいいけど、、

    料金も受講場所も自由に選択可能!おすすめオンライン英会話

    オンライン英会話は、英会話教室に通わなくても、外国人講師とスピーキングレッスンを受けたり、TOEICなど資格学習の授業を受けたりすることができます。

    今回は目的別に、低価格で利用できるおすすめのオンライン英会話サービスを紹介します。オンライン英会話はかなりの数がありますが、EduSearch編集部が、料金面とサービス内容からおすすめのものを厳選して目的別に1つずつ紹介します。

    オンライン英会話のメリット・デメリット

    【メリット】
    オンライン英会話は料金が安く、場所や時間など自由度が高い英語学習をできるのが魅力です。
    【デメリット】
    教室に通わないので、一般的には続かないということも起こってしまいます。

    目的別でオンライン英会話を探す

    格安で外国人とスピーキング強化!レアジョブ

    レアジョブはパソコン・スマホ・タブレットと場所を選ばずに、世界のノンネイティブスピーカーの中でも1位の英語力を誇る優秀なフィリピン人講師と対面でオンライン英会話レッスンが受けられるサービスです。

    朝6時~深夜1時の間、1回25分(187円~)でレッスンを受けることができるだけではなく、レッスン開始の5分前から予約をして開始することができるので、毎日継続して英語を話す機会が欲しいという社会人の方でも継続して利用しやすいのが特徴。

    日本人スタッフによる学習相談サポートなどもあり、ビジネス英語では認定講師と呼ばれる一定以上の指導の質があるフィリピン人講師のみが担当し、オンライン英会話大手の充実したテキストで出張や就職、旅行などに備えることが可能です。

    料金:日常英会話毎日25分コース月額5800円(187円/1レッスン)、ビジネス英語毎日25分コース月額9800円(316円/1レッスン)
    講師:フィリピン人講師
    学べるジャンル:日常英会話、ビジネス英語
    得意なこと:スピーキングレッスン

    編集部の仕様感コメント

    最初は日本語通じなさそうだし大丈夫かなと不安でしたが、使ってみると、困った感じは全くしませんでした。

    ただ、ある程度英語の基礎があった方が有効活用できそうだなというのが率直な感想です。他の何かで基礎などを身に着けた後か、身に着けながら外国人とも毎日話す機会が欲しいという方におすすめです。

    目的別で探すに戻る公式サイトで体験レッスン

    月額2980円で本格TOEIC対策!スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース

    スタディサプリENGLISH L&Rコースは、月額2980円PART別問題演習、TOEIC模試、英語界のトップ講師である関先生の講義をスマホ1つで受講できます。

    英会話とTOEICスコアを平行して、伸ばしたいという方は多くいますが、英会話教室やレアジョブなどスピーキング強化サービスと併用するのもおすすめです。

    テキストがかさんでしまい、外出時に持ち運び不便なことが多いTOEIC対策をスマホ一つで全てできるのはかなり便利だといえます。

    スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コースの特徴

    1.TOEICのPART別対策がスマホで簡単に受けられる
    2.トップ講師である関先生の英文法やTOEIC対策講座受け放題
    3.学習時間管理機能もついて便利

    料金:月額2980円
    学べるジャンル:TOEIC対策

    編集部の仕様感コメント

    TOEICは複数PART別に問題形式が分かれており、スマホとパソコンのみでトレーニングができるため、参考書を持ち運ぶ必要がないのが便利でした。

    また、オンラインでトレーニングできるからこそ、結果が記録されます。しっかりと数値で正答率が出ることで、PART別にトレーニングする必要があるなどが分かりとても頼もしいサービスでした。TOEIC学習教材やサービスは数多くありますが、TOEIC800点以下の方で、短期間でTOEICスコアを絶対に伸ばしたいという方におすすめです。

    目的別で探すに戻る公式サイトで体験レッスン

    月額980円で日常英会話を本格対策!スタディサプリENGLISH日常英会話コース

    スタディサプリENGLISH日常英会話コースは、月額980円で発音やリスニングトレーニング、英語力チェックなどのコンテンツが使い放題です。中学レベルの基礎から英検準1級レベルまで、段階別で学ぶことができます。

    スマホ1つで時間や場所に関係なく、高品質な発音矯正や、リスニング力を強化が低価格でできるサービスはスタディサプリENGLISH日常英会話コースくらいといっても良いかもしれません。

    趣味で外国人と話したい、旅行に備えて英語力を磨きたい、とにかく英語を通じてなんとなく自分に自信をつけたいという方を始め、英語学習のスタートにもってこいです。

    スマホやパソコンで受講可能ですが、ドリル形式ながら、英会話教室で教わるかのように能動的に受講することができるため、英語をアウトプットする機会が多く、毎日継続すれば英語力は確実に伸びます。

    スタディプラスENGLISH 日常英会話コース特徴

    1.いつでもリスニングテストなどで自分の英語力をチェックできる
    2.中学レベル~の細かいレベルで分かれた場面別レッスンで、リスニングと書き取り練習ができる
    3.実力確認ができるリーディングテスト、単語力確認テストあり

    料金:月額980円
    学べるジャンル:日常英会話

    編集部の仕様感コメント

    日常英会話というと、漠然と外国人と話すことをイメージされる方が多いですが、スタディサプリENGLISH日常英会話コースを使えば、旅行を楽しめるくらいには数カ月ほどでなれます。

    外国人と話すために必要な単語力、リスニング力、スピーキングトレーニングができるコンテンツが使い放題で、どのコンテンツも音声を聞き取って単語や文を入力するなどこちらが主体的に学習を進める必要があるので、ついついテキストを眺めるだけなど甘えてしまいがちな自分にはぴったりでした。

    目的別で探すに戻る公式サイトで体験レッスン

    オンラインでプロによる本格パーソナルトレーニング!ALUGO

    ALUGOは最低2か月~4か月で、プロの講師からのオンラインマンツーマン指導が受けられるサービス。

    他のオンライン英会話サービスや英会話教室と違うのは、英語力を伸ばすために一番重要な自習を継続できるようサポートしてくれるのがALUGOを使う最大のメリットです。

    商社や経営コンサルタント、外資系企業勤務のビジネスマンが信頼して利用する質の高いサービスで、忙しい社会人だからこそおすすめです。

    料金は高いですが、英語のぐだぐだ学習を卒業したいという方は、思い切って利用してみるのもよいかもしれません。

    料金:2カ月プラン198000円、4カ月プラン386000円
    学べるジャンル:日常英会話

    ALUGO特徴

    1.英語力測定&フィードバックで英語力を客観的に把握
    2.25分×32回のオンラインマンツーマンレッスン(2カ月コース)で圧倒的なレッスン量(=圧倒的な英語学習時間の確保)
    3.バイリンガルセッション50分×8回
    4.充実した自学習サポート:宿題管理、オンラインチャットで学習相談など気軽に可能、スピーチ添削(1日2回)、単語学習アプリなど

    目的別で探すに戻る公式サイトで体験レッスン

    【紹介したオンライン英会話まとめ】
    1.1日187円で毎日25分スピーキング練習「レアジョブ

    2.月額980円で本格的な日常英会話対策ができる「スタディサプリENGLISH英会話コース

    3.月額2980円で本格的なTOEIC模試とPART別対策ができる「スタディサプリENGLISH L&Rコース

    4.料金は高いけど、グローバル企業130社で英学習支援のあるオンラインパーソナルトレーニングができる「ALUGO