受験・学校

東進ハイスクールの向上得点とは?:活用方法と注意点を紹介!

東進の担任助手の人に「向上得点、向上得点」と繰り返し言われるけど、向上得点って何なの?本当に意味あるのって思っている人は多いでしょう。

今回は、そんな東進ハイスクールの向上得点の解説をしたいと思います。

この記事を読むと、向上得点とは何なのか、どうしたら上がるのか、向上得点がなぜ必要なのかが分かります。

東進の向上得点って?

東進の向上得点は、主に東進内の授業と高速基礎マスター(単語などの基礎を修得するためのアプリ)を使うと得点(=向上得点)が加算されるというものです。

授業では確認テスト(授業1コマ分の復習テスト)と修了判定テスト(5~10コマ分の復習テスト)を合格すると向上得点が上がります。

高速基礎マスターでは、英単語1800のようにさまざま基礎確認項目があり、1つ合格する度に向上得点が上がります。

つまり、向上得点は、東進の教材を使って努力をした証明のようなものです。

一方で、一度合格した確認テストや修了判定テスト、高速基礎マスターのテストに落ちてしまうと、下がってしまいます。

向上得点には、ランキングがあるので、1ヵ月に獲得した向上得点が校舎や全国の東進生の中で上位に入ると、グループミーティングなどで表彰してもらえます。

東進 向上得点上がり下がりの基準

何をどれだけやれば、何点の向上得点が入るのでしょうか?

・確認テスト SS判定:0.5 S判定:0.25
・修了判定テスト(10講) SS判定:5 S判定:2.5
・修了判定テスト(5講) SS判定:2.5 S判定:1.25
・高速基礎マスター(英単語1800/英熟語750/基本例文300) 修得:2.5 完全修得:2.5

一方で、向上得点が下がってしまう場合もあります。

・修了判定テスト(10講) 最終受講から7日以内 SS判定 5点/30日以内2.5/31日以上1.25

のように、講座のまとめテストである修了判定テストの場合は下がってしまいます。

こちら→向上得点一覧表で詳細な向上得点の点数を見ることができます。

東進の向上得点は意識すべきか?

東進生の多くが経験するのが、「受講早く終わらせよう」、「向上得点低いよ」、「向上得点を取ればとるほど、成績が上がる」という担任助手の大学生からの説得。

中には、これをストレスに感じる人もいるでしょう。

本題の向上得点は意識すべきかですが、向上得点はあくまでも、東進の授業をその場で理解していたかの指標です。

明日には、忘れているかもしれませんし、1週間後にはほとんど覚えていないかもしれません。向上得点が高いからといって必ずしも成績には関係あるとはいえないでしょう。

志望校に前進する勉強をしているのであれば、担任助手の人に、向上得点について言われたとしても、気にしないのが一番です。

とはいっても向上得点は大事!

paulracko / Pixabay

向上得点の大切さは、人によって違います。自分に当てはまるもので、向上得点を活用してみてください。

学力がある程度ある方

対象:
・センター試験本番レベル模試などの志望校判定でA判定レベルの人
・Aとまではいかなくても、B判定くらいで、部活が忙しくて、向上得点を上げるために確認テストや高速基礎マスターをするのが嫌な人

向上得点で大切なのは、得点が低いか、高いかといった大小ではありません。

その週に計画した受講や高速基礎マスターの目標に対して、どれだけ向上得点を達成できていたかということです。

例えば、1週間に受講7コマ、英単語1800の完全修了を目標とした場合、確認テストなどに全て合格すると、8.5の向上得点が入ります。

もし、向上得点が5しか取れていなければ、本来取れるはずであった3.5を取り逃していたことになります。

この取り逃した3.5は、目標を達成するために踏ん張れなかったあるいは、授業の理解が曖昧なまま、次の日を迎えてしまった自分への反省とするのが大切です。

勉強が苦手な方

対象:
・センター試験本番レベル模試などの志望校判定で、C~E判定の人

ここを読んでいる人は、東進の中でも、担任助手の人に「向上得点が低い!」と言われる回数が多い人かもしれません。

がみがみ言われるのは、腹が立つとは思いますが、向上得点の大きい、小さいは重要な問題です。

勉強が苦手な人に当てはまるのが、勉強量が圧倒的に足りていないことです。まずは、授業の量を増やして、知識に一度でも触れておくことが重要です。

いきなり、大量の授業を受けるのは大変なので、毎週毎週向上得点の更新をモチベーションにしていくのがいいかもしれません。

ただ、授業は受けているけど、向上得点が低いという人もいるでしょう。そういう人は、授業の量は増やさなくても、授業の理解度を知る確認テストに確実に合格するというのを目標にするのもおすすめです。

東進 向上得点のまとめ

waldryano / Pixabay

向上得点は、あくまでも、その一瞬だけの学習理解を点数化したものです。したがって、担任助手の人から、理不尽な説得を受けたりしても気にしないのが一番だといえます。

しかし、一瞬ですらも理解できていないのはまずいので、週間計画表に書いた目標を達成できたときの向上得点に対して、どれだけ達成できたかというのは必ず把握しておくべきです。

ここで、落としていった向上得点の分だけ、自分は目標達成意識、勉強姿勢の改善するための時間を無駄にしたことになります。

普段の生活習慣や部活でもそうだと思いますが、意識や姿勢の改善を相当難しいので、向上得点を自分への気づきとして活用してみてください!

東進ハイスクールと併用しようと考えている方はスタディサプリの活用がおすすめです。⇂


知らないともったいない!オンライン英会話特集:英会話教室で学ぶのもいいけど、、

料金も受講場所も自由に選択可能!おすすめオンライン英会話

オンライン英会話は、英会話教室に通わなくても、外国人講師とスピーキングレッスンを受けたり、TOEICなど資格学習の授業を受けたりすることができます。

今回は目的別に、低価格で利用できるおすすめのオンライン英会話サービスを紹介します。オンライン英会話はかなりの数がありますが、EduSearch編集部が、料金面とサービス内容からおすすめのものを厳選して目的別に1つずつ紹介します。

オンライン英会話のメリット・デメリット

【メリット】
オンライン英会話は料金が安く、場所や時間など自由度が高い英語学習をできるのが魅力です。
【デメリット】
教室に通わないので、一般的には続かないということも起こってしまいます。

目的別でオンライン英会話を探す

格安で外国人とスピーキング強化!レアジョブ

レアジョブはパソコン・スマホ・タブレットと場所を選ばずに、世界のノンネイティブスピーカーの中でも1位の英語力を誇る優秀なフィリピン人講師と対面でオンライン英会話レッスンが受けられるサービスです。

朝6時~深夜1時の間、1回25分(187円~)でレッスンを受けることができるだけではなく、レッスン開始の5分前から予約をして開始することができるので、毎日継続して英語を話す機会が欲しいという社会人の方でも継続して利用しやすいのが特徴。

日本人スタッフによる学習相談サポートなどもあり、ビジネス英語では認定講師と呼ばれる一定以上の指導の質があるフィリピン人講師のみが担当し、オンライン英会話大手の充実したテキストで出張や就職、旅行などに備えることが可能です。

料金:日常英会話毎日25分コース月額5800円(187円/1レッスン)、ビジネス英語毎日25分コース月額9800円(316円/1レッスン)
講師:フィリピン人講師
学べるジャンル:日常英会話、ビジネス英語
得意なこと:スピーキングレッスン

編集部の仕様感コメント

最初は日本語通じなさそうだし大丈夫かなと不安でしたが、使ってみると、困った感じは全くしませんでした。

ただ、ある程度英語の基礎があった方が有効活用できそうだなというのが率直な感想です。他の何かで基礎などを身に着けた後か、身に着けながら外国人とも毎日話す機会が欲しいという方におすすめです。

目的別で探すに戻る公式サイトで体験レッスン

月額2980円で本格TOEIC対策!スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース

スタディサプリENGLISH L&Rコースは、月額2980円PART別問題演習、TOEIC模試、英語界のトップ講師である関先生の講義をスマホ1つで受講できます。

英会話とTOEICスコアを平行して、伸ばしたいという方は多くいますが、英会話教室やレアジョブなどスピーキング強化サービスと併用するのもおすすめです。

テキストがかさんでしまい、外出時に持ち運び不便なことが多いTOEIC対策をスマホ一つで全てできるのはかなり便利だといえます。

スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コースの特徴

1.TOEICのPART別対策がスマホで簡単に受けられる
2.トップ講師である関先生の英文法やTOEIC対策講座受け放題
3.学習時間管理機能もついて便利

料金:月額2980円
学べるジャンル:TOEIC対策

編集部の仕様感コメント

TOEICは複数PART別に問題形式が分かれており、スマホとパソコンのみでトレーニングができるため、参考書を持ち運ぶ必要がないのが便利でした。

また、オンラインでトレーニングできるからこそ、結果が記録されます。しっかりと数値で正答率が出ることで、PART別にトレーニングする必要があるなどが分かりとても頼もしいサービスでした。TOEIC学習教材やサービスは数多くありますが、TOEIC800点以下の方で、短期間でTOEICスコアを絶対に伸ばしたいという方におすすめです。

目的別で探すに戻る公式サイトで体験レッスン

月額980円で日常英会話を本格対策!スタディサプリENGLISH日常英会話コース

スタディサプリENGLISH日常英会話コースは、月額980円で発音やリスニングトレーニング、英語力チェックなどのコンテンツが使い放題です。中学レベルの基礎から英検準1級レベルまで、段階別で学ぶことができます。

スマホ1つで時間や場所に関係なく、高品質な発音矯正や、リスニング力を強化が低価格でできるサービスはスタディサプリENGLISH日常英会話コースくらいといっても良いかもしれません。

趣味で外国人と話したい、旅行に備えて英語力を磨きたい、とにかく英語を通じてなんとなく自分に自信をつけたいという方を始め、英語学習のスタートにもってこいです。

スマホやパソコンで受講可能ですが、ドリル形式ながら、英会話教室で教わるかのように能動的に受講することができるため、英語をアウトプットする機会が多く、毎日継続すれば英語力は確実に伸びます。

スタディプラスENGLISH 日常英会話コース特徴

1.いつでもリスニングテストなどで自分の英語力をチェックできる
2.中学レベル~の細かいレベルで分かれた場面別レッスンで、リスニングと書き取り練習ができる
3.実力確認ができるリーディングテスト、単語力確認テストあり

料金:月額980円
学べるジャンル:日常英会話

編集部の仕様感コメント

日常英会話というと、漠然と外国人と話すことをイメージされる方が多いですが、スタディサプリENGLISH日常英会話コースを使えば、旅行を楽しめるくらいには数カ月ほどでなれます。

外国人と話すために必要な単語力、リスニング力、スピーキングトレーニングができるコンテンツが使い放題で、どのコンテンツも音声を聞き取って単語や文を入力するなどこちらが主体的に学習を進める必要があるので、ついついテキストを眺めるだけなど甘えてしまいがちな自分にはぴったりでした。

目的別で探すに戻る公式サイトで体験レッスン

オンラインでプロによる本格パーソナルトレーニング!ALUGO

ALUGOは最低2か月~4か月で、プロの講師からのオンラインマンツーマン指導が受けられるサービス。

他のオンライン英会話サービスや英会話教室と違うのは、英語力を伸ばすために一番重要な自習を継続できるようサポートしてくれるのがALUGOを使う最大のメリットです。

商社や経営コンサルタント、外資系企業勤務のビジネスマンが信頼して利用する質の高いサービスで、忙しい社会人だからこそおすすめです。

料金は高いですが、英語のぐだぐだ学習を卒業したいという方は、思い切って利用してみるのもよいかもしれません。

料金:2カ月プラン198000円、4カ月プラン386000円
学べるジャンル:日常英会話

ALUGO特徴

1.英語力測定&フィードバックで英語力を客観的に把握
2.25分×32回のオンラインマンツーマンレッスン(2カ月コース)で圧倒的なレッスン量(=圧倒的な英語学習時間の確保)
3.バイリンガルセッション50分×8回
4.充実した自学習サポート:宿題管理、オンラインチャットで学習相談など気軽に可能、スピーチ添削(1日2回)、単語学習アプリなど

目的別で探すに戻る公式サイトで体験レッスン

【紹介したオンライン英会話まとめ】
1.1日187円で毎日25分スピーキング練習「レアジョブ

2.月額980円で本格的な日常英会話対策ができる「スタディサプリENGLISH英会話コース

3.月額2980円で本格的なTOEIC模試とPART別対策ができる「スタディサプリENGLISH L&Rコース

4.料金は高いけど、グローバル企業130社で英学習支援のあるオンラインパーソナルトレーニングができる「ALUGO