ITエンジニア仕事探し

【プログラミングスクールの侍エンジニア塾】日本で初めてマンツーマンでのプログラミング指導を導入したプログラミング塾

侍エンジニア塾は、マンツーマンで学べるプログラミングスクールです。

この塾では、基礎学習からアプリ開発のスタンダードコース、人工知能を扱える人材育成のAIコース、未経験からエンジニアを目指す転職コースの三つのレッスンコースから選んで受講できます。

ここで注目なのが転職支援制度です。

転職コースを超短期集中コースで受講し、転職に成功した場合、受講料金を全額無料にできます。

これは仕事を辞めて短期学習でエンジニア職を目指す人にとって、有難い制度です。

侍エンジニア塾では無料体験レッスンを実施しています。

無料体験レッスンでは、キャリアコンサルタントがプラグラミングの学習方法だけではなく、エンジニア職に関して現場の実情を伝えてくれるので、これからプログラミングを習うかどうかの判断がしやすいです。

受講する場合は、今後のカリキュラムをどの程度の頻度で行うか提案してくれます。

受講者は、前職を辞めて短期集中で学ぶ人や、仕事の合間を見つけて学習する人など様々です。

個人の事情に合わせて学べる環境が整っているので、安心して学習できます。

侍エンジニアの詳細はこちら

専属のインストラクターが徹底サポート

侍エンジニア塾では現役のインストラクターが300人以上在籍し、受講時はマンツーマンで学ぶことができます。

マンツーマンレッスンは8~22時の時間帯に、60~90分程度の授業をビデオチャットツールを利用して行います。

万が一、インストラクターの教え方が合わない場合は何度でもインストラクターを変更することが可能です。

マンツーマンレッスン以外にもQ&Aサイトが設けられ、インストラクターが常にサイトをチェックしているのでレスポンス良く問題を解決できます。

極力一人で問題を解決したい人や、能動的にプログラミングを学びたい人にとって、恵まれた学習環境といえます。

受講生は会社員が6割、無職の人が1割、学生・パートが1割です。

働きながら勉強している人が大多数を占め、全体の男女比率は7:3です。

年齢制限を設けていないので、50~60代から始める人も存在します。

受講者の住んでいる地域は首都圏が6割、残りは地方です。

侍エンジニア塾の場合、住んでいる地域はあまり関係ありません。

何故なら侍エンジニア塾はオンラインレッスンに対応しているスクールだからです。

そのため、地方でプログラミングを学びたい人にも支持されています。

侍エンジニアの料金体系

侍エンジニア塾のスタンダードコースで習得できる技術は、Ruby・PHP・Java・WordPress・Python・HTML・CSS・Javascriptです。

料金は学ぶ期間によって変わります。

スタンダードコースではエンジニアを目指すデビュー、個人で案件獲得が目標のフリーランス、高単価案件獲得に向けて高い技術を学ぶビジネス、以上の3タイプで料金が変化します。

デビューは1ヶ月168,000円、フリーランスは3ヶ月438,000円、ビジネスは6ヶ月698,000円です。

受講費用は大きな金額ですが、侍エンジニア塾は分割払いに対応しているので、余裕を持って支払うことが可能です。

AIコースはPythonの基礎学習を主体に、機械学習や人工知能に関することを学びます。

受講費用はアドバンスが3ヶ月580,000円、エキスパートは6ヶ月980,000円です。

転職コースはエンジニアへの転職を最優先し、Rubyを中心のカリキュラムが組まれています。

受講費用はスピードが2ヶ月292,000円、アドバンスは3ヶ月438,000円です。

どのコースも受講費用とは別に入学金として29,800円が必要になります。

さいごに

数多くプログラミングスクールが、存在しますが侍エンジニア塾は転職や企業など、明確な目標を持っている人にオススメのスクールです。

わからないことは、現役のインストラクターが教えてくれるので実践的な技術が学べます。

通学が難しい地方に住んでいたり、独自のカリキュラムから必要な知識を自分のペースで習得したい人は、無料体験レッスンに申し込んでみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です