英会話

客室乗務員(CA)の就職には、どれくらいの英語力が必要!?

女性の就職活動で人気のある職業の一つに客室乗務員があります。

華やかなイメージが強いと思いますが、実際に英語力ってかなり必要なのではと気になる方は多いのではないでしょうか。

今回は、客室乗務員ごとに求められる英語力を紹介します。就職先として、客室乗務員が気になるという方は、ぜひチェックしてみてください。

客室乗務員になるために必要な英語力とは

客室乗務員を目指される方にとって英語力は気になるポイントではないでしょうか。

「客室乗務員」と一言でいっても航空会社によって求められる英語力は千差万別です。

元日系・外資客室乗務員の経験から客室乗務員に必要な英語力についてご紹介します。必要とされる英語力を確実につけることで夢を叶えられるよう頑張りましょう。

近年航空会社が求める英語力は年々上がってきています

TOEIC最低600点などの表記が航空会社ごとにありますが、600点では到底話せるレベルの英語力ではなく、実際には800~900、ペラペラ話せるという女性が多くいる印象を受けます。

客室乗務員の就職を目指す上で、TOEIC学習だけでなく、コミュニケーションとしての英語力の強化も求められています。

日系航空会社で求められる英語力

航空会社は大きく分けて日系航空会社と外資系航空会社に分かれます。まずは日系航空会社に求められる英語力についてご紹介しましょう。

国内線であっても近年は航空会社受験で求められる英語力はかなりあがっている傾向があります。

JAL/ANA大手2社

TOEIC600点は受験に必須です。ANAに関してはGTECも英語証明に使えますのでTOEICがどうしても600点に到達しない方はGTECも並行して受験すうようにしましょう。

また、JALに関しては英会話面接も採用で取り入れており、年々難易度があがっていますので、日頃から英語がすぐに出てくるようアウトプットになれておく必要があります。

また、ANAには英語面接はないものの1年目から国際線も担当するためかなり英語力が求められます。日系航空会社でも多様性を重んじる傾向も強まり英語はますます必須になっています。

独立系航空会社

スターフライヤーやエアドゥなど日本には多くの航空会社が存在しています。独立系航空会社も近年は、チャーター便で国際線に積極的に就航したりと国際化が進んでいます。

そのことから、採用試験に英語での接客ロールプレイのようなものが組み込まれていることがあり、そのような背景からも航空会社が受験生に英語力を求めていることがよく分かります。

訪日外国人の増加にも伴い機内で英語を不自由なく使える客室乗務員であることは最低条件になりつつあります。

LCC

PEACHやバニラエア、エアアジアジャパンなどLCCの進出も盛んになりました。

LCCも採用の際に英語面接を取り入れています。PEACHの採用面接では接客英語に加え「たこ焼きを英語で説明してください」といった関西の魅力を発信できるような高度な英語力を図るテストがあったケースがあります。

今や、簡単な接客用語を丸暗記したような付け焼刃の英語では不十分であるといえるでしょう。

外資系航空会社で求められる英語力

次にまずは外資系航空会社に求められる英語力についてご紹介します。

日本人を採用している外資系航空会社は多くあるのですが、こちらも会社によって求められる英語力が様々なため噛み砕いて説明します。

アジア系航空会社

シンガポール航空や大韓航空などアジア系の航空会社は外資系航空会社の中では、比較的英語力が流暢でなくても合格する受験生は多いですが、接客用語などを英語で美しく話せるかをポイントにしています。

海外のベースになる会社がほとんどであるため日常生活はすべて英語であることから、高い英語力を必要とします。

中東系航空会社

エミレーツ航空やカタール航空など中東系航空会社はさらに高い英語力を必要とします。海外ベースであることに加え、働く仲間の出身国も100カ国をこえます。

その仲間たちとしっかりコミュニケーションを図りサービスしていくためにはかなり高度な英語力を必要とします。

英語で日常会話できるのみならず、しっかりと自分の意見や考え方を英語で主張することが求められます。

欧州系航空会社

KLMオランダ航空やアリタリア航空などヨーロッパの航空会社はベースが日本である会社が多いものの、募集要件には必ず英語堪能という項目があります。

1機に乗務する日本人乗務員数も1人から多くとも3人であり、他の客室乗務員と英語でしっかりやりとりしていく必要があり、最高峰の英語力が求められます。

私自身、常日頃から客室乗務員として勉強をしていました

自分自身が日系航空会社の客室乗務員として乗務していた際にも、多くの外国人のお客様の接客を行いました。

ドリンクの提供やお席のご案内など基本的な英語はもちろんのこと、お手伝いの必要なお客様への対応や、お客様からおすすめのスポットを聞かれることも多くあります。

その際に英語でのコミュニケーションを通じて、「また、この会社の飛行機に乗りたい」と思っていただける接客を常にできるよう英語の勉強を継続していました。

外資系航空会社の客室乗務員としては、同僚も外国人であるため、より英語の勉強に力を入れるとともに日本人乗務員として恥じることのないよう、日本についてもしっかり英語で伝えられるよう常にトレーニングが必要です。

最後に

国内線国際線に限らず英語力は必須です。

また、簡単なフレーズや決まった接客用語だけを覚えるよりも、根本の英語力をつけることで、より搭乗されたお客様に喜んで頂けるサービスに繋がります。

これから客室乗務員を目指される皆さんを応援しています。

海外旅行・日常英会話・ビジネスに役立つオンライン英会話特集

「趣味として英語を身に付けたい」

「海外旅行に行くので英語を覚えたい」

「仕事で必要になった」

など外国人に通じる英会話を身につけたいですよね。

オンライン英会話は、わざわざ英会話教室に通わなくても、外国人に通じる英語が話せるようになるツールです。

場所や時間を気にすることなく外国人講師とスピーキングレッスンを受けたり、TOEICなど資格学習の授業を受けることができます。

今回は目的別に、低価格で利用でき、スキルアップ可能なおすすめのオンライン英会話サービスを紹介します。

オンライン英会話はかなりの数がありますが、EduSearch編集部が、料金面とサービス内容からおすすめのものを厳選して目的別に1つずつ紹介します。

オンライン英会話のメリット・デメリット

【メリット】
オンライン英会話は料金が安く、好きな場所・好きな時間に学習できるため非常に自由度が高い英語学習ができるのが魅力です。

合わないと思ったら解約も気軽にできます。
【デメリット】
教室に通わないので、一般的には続かないということも起こってしまいます。

目的別でオンライン英会話を探す

格安で外国人とスピーキング強化!レアジョブ

レアジョブは業界トップの実績あるオンライン英会話教室です。

なんといってもレアジョブは講師人が優秀で、世界のノンネイティブスピーカーの中でも1位の英語力を誇る優秀なフィリピン人講師と対面でオンライン英会話レッスンが受けられるサービスです。

ビジネス英語では認定講師と呼ばれる一定以上の指導の質がある講師のみが担当します。

初心者の方も安心で日本人スタッフによる学習相談サポートもあり、オンライン英会話大手の充実したテキストで出張や就職、旅行などに備えることが可能です。

会員数も60万人以上。日常英会話・ビジネス英会話・中高生の英検コースまで幅広く対応しています。

パソコン・スマホ・タブレットと場所を選ばずに学ぶことが可能で、たとえば、朝6時~深夜1時の間、1回25分(187円~)でレッスンを受けることができます。

また、レッスン開始の5分前から予約をして開始することができるので、毎日継続して英語を話す機会が欲しいという社会人の方でも継続して利用しやすいのが特徴です。

料金:日常英会話毎日25分コース月額5800円(187円/1レッスン)、ビジネス英語毎日25分コース月額9800円(316円/1レッスン)
講師:フィリピン人講師
学べるジャンル:日常英会話、ビジネス英語、中高生の英検対策
得意なこと:スピーキングレッスン

編集部の仕様感コメント
最初は日本語通じなさそうだし大丈夫かなと不安でしたが、使ってみると、困った感じは全くしませんでした。

ただ、ある程度英語の基礎があった方が有効活用できそうだなというのが率直な感想です。他の何かで基礎などを身に着けた後か、身に着けながら外国人とも毎日話す機会が欲しいという方におすすめです。

月額980円で日常英会話を本格対策!スタディサプリENGLISH日常英会話コース

スタディサプリENGLISH日常英会話コースは、月額980円で発音やリスニングトレーニング、英語力チェックなどのコンテンツが使い放題です。中学レベルの基礎から英検準1級レベルまで、段階別で学ぶことができます。

スマホ1つで時間や場所に関係なく、高品質な発音矯正や、リスニング力を強化が低価格でできるサービスはスタディサプリENGLISH日常英会話コースくらいといっても良いかもしれません。

趣味で外国人と話したい、旅行に備えて英語力を磨きたい、とにかく英語を通じてなんとなく自分に自信をつけたいという方を始め、英語学習のスタートにもってこいです。

スマホやパソコンで受講可能ですが、ドリル形式ながら、英会話教室で教わるかのように能動的に受講することができるため、英語をアウトプットする機会が多く、毎日継続すれば英語力は確実に伸びます。

スタディプラスENGLISH 日常英会話コース特徴

1.いつでもリスニングテストなどで自分の英語力をチェックできる
2.中学レベル~の細かいレベルで分かれた場面別レッスンで、リスニングと書き取り練習ができる
3.実力確認ができるリーディングテスト、単語力確認テストあり

料金:月額980円
学べるジャンル:日常英会話

編集部の仕様感コメント
日常英会話というと、漠然と外国人と話すことをイメージされる方が多いですが、スタディサプリENGLISH日常英会話コースを使えば、旅行を楽しめるくらいには数カ月ほどでなれます。

外国人と話すために必要な単語力、リスニング力、スピーキングトレーニングができるコンテンツが使い放題で、どのコンテンツも音声を聞き取って単語や文を入力するなどこちらが主体的に学習を進める必要があるので、ついついテキストを眺めるだけなど甘えてしまいがちな自分にはぴったりでした。

月額2980円で本格TOEIC対策!スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース

スタディサプリENGLISH L&Rコースは、月額2980円PART別問題演習、TOEIC模試、英語界のトップ講師である関先生の講義をスマホ1つで受講できます。

英会話とTOEICスコアを平行して、伸ばしたいという方は多くいますが、英会話教室やレアジョブなどスピーキング強化サービスと併用するのもおすすめです。

テキストがかさんでしまい、外出時に持ち運び不便なことが多いTOEIC対策をスマホ一つで全てできるのはかなり便利だといえます。

スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コースの特徴

1.TOEICのPART別対策がスマホで簡単に受けられる
2.トップ講師である関先生の英文法やTOEIC対策講座受け放題
3.学習時間管理機能もついて便利

料金:月額2980円
学べるジャンル:TOEIC対策

編集部の仕様感コメント
TOEICは複数PART別に問題形式が分かれており、スマホとパソコンのみでトレーニングができるため、参考書を持ち運ぶ必要がないのが便利でした。

また、オンラインでトレーニングできるからこそ、結果が記録されます。しっかりと数値で正答率が出ることで、PART別にトレーニングする必要があるなどが分かりとても頼もしいサービスでした。TOEIC学習教材やサービスは数多くありますが、TOEIC800点以下の方で、短期間でTOEICスコアを絶対に伸ばしたいという方におすすめです。

オンラインでプロによる本格パーソナルトレーニング!ALUGO

ALUGOは最低2か月~4か月で、プロの講師からのオンラインマンツーマン指導が受けられるサービス。

他のオンライン英会話サービスや英会話教室と違うのは、英語力を伸ばすために一番重要な自習を継続できるようサポートしてくれるのがALUGOを使う最大のメリットです。

商社や経営コンサルタント、外資系企業勤務のビジネスマンが信頼して利用する質の高いサービスで、忙しい社会人だからこそおすすめです。

料金は高いですが、英語のぐだぐだ学習を卒業したいという方は、思い切って利用してみるのもよいかもしれません。

料金:2カ月プラン198000円、4カ月プラン386000円
学べるジャンル:日常英会話

ALUGO特徴

1.英語力測定&フィードバックで英語力を客観的に把握
2.25分×32回のオンラインマンツーマンレッスン(2カ月コース)で圧倒的なレッスン量(=圧倒的な英語学習時間の確保)
3.バイリンガルセッション50分×8回
4.充実した自学習サポート:宿題管理、オンラインチャットで学習相談など気軽に可能、スピーチ添削(1日2回)、単語学習アプリなど

【紹介したオンライン英会話まとめ】
1.1日187円で毎日25分スピーキング練習「レアジョブ

2.月額980円で本格的な日常英会話対策ができる「スタディサプリENGLISH英会話コース

3.月額2980円で本格的なTOEIC模試とPART別対策ができる「スタディサプリENGLISH L&Rコース

4.料金は高いけど、グローバル企業130社で英学習支援のあるオンラインパーソナルトレーニングができる「ALUGO

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です