英会話

ホテルの顔!フロントで働く為に必要な英語は?! 英語ができなくても大丈夫?     

 
初めまして。先日までビジネスホテルでの夜勤フロントを4年勤めていました。ホテルは多くの方が宿泊をされます。

その中で近年は外国の方も多く来られます。日本語を話せる方もいる一方で、全く話せない方も来られます。

そこで得られた実体験を元にして、実際どの程度の英語が求められるのかについて紹介をしていきます。

ホテルの種類について

おおざっぱに求められる英語力のレベルについては、ホテルの種類ごとに違います。

ホテルと一言で言っても色々なホテルがあります。

・世界にも名を連ねている高級ホテル(外資系など)
・家族でも泊まりやすい一般ホテル
・出張の方や学生向けビジネスホテル
などです。

そこで、まずはどんなホテルの種類があるのかについて紹介します。    

外資系ホテル

初めは外資系ホテルにとはどのようなホテルのことを指すのか説明します。

簡単に言えば外資系ホテルとは世界基準のホテルであり、基本的に外国の会社により、運営されるホテルです。

世界の各国にあり、安心安全のホテルとイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

例を挙げるとインターコンチネンタルやヒルトンなどがあります。

海外に宿泊する際はこのような大きなホテルが安心であり、また日本にいても、このようなホテルは高級なホテルとされているかと思います。

ビジネスホテル

ビジネスホテルとはサラリーマンが会社の都合で宿泊するビジネス用、簡易ホテルです。

例を挙げると東横インやスーパーホテルなどがあります。

ビジネスホテルは価格が一般のホテルより、さらに安く提供しているところが多くあります。

しかし、あくまでも一人、もしくは二人などで利用するために簡易的に作られており、サービスなどはやはり少し落ちてしまいます。

ですが、価格がとても安いために今では観光客の方なども多く宿泊をしています。

一般ホテル

今回一般ホテルに分類しているホテルとは、日本が運営しているホテルであり、ビジネスホテル以外の一般的なホテルのことを表しております。

例を挙げると三井ガーデンホテルや、ワシントンホテルなどがあります。

外資系ホテルと比べると価格もかなり抑えることができて、ファミリー向けなど日常的に利用ができるホテルとなります。

本題、フロント担当が求められる英語力はどれくらいか

外資系ホテルの場合

外資系ホテルのフロント業務では高度な英語力が求められます。

募集要項に英語資格の条件が書いてある場合もあり、または書いていなくても留学経験者などを優遇と書かれていることもあります。

外資系ホテルに来られる外国人の中には日本に仕事で何度も訪れており、日本語を話せる方もいらっしゃいます。

しかし、多くがやはり英語でのやり取りになります。そのときにスムーズな英語での対応が求められます。

英語資格で言えばTOEIC600点以上は少なくとも必須です。日常会話は当然のこと、ビジネスレベルの会話があると望ましいです。

また、フロント業務はチェックインやチェックアウトの仕事に留まらず、お客様からの内線電話を受ける時もあります。

内線電話は様々な内容があり、予期せぬ電話も中にはあります。ホテルの案内に関しての質問や、ホテル不備に関するご指摘など多岐にわたっています。

その際に外資系ホテルですと電話でのコミュニケーションも劣らず、お客様のご要望に応えられるべきでなくてはなりません。

そのため、文法などの机上の勉強だけではなく、実践的なコミュニケーションの英会話力が大きく求められます。

一般ホテルの場合

一般ホテルの場合ですと、外資系ホテルほど英語力は必要ありませんが、やはりあるに越したことはありません。
日常会話レベルがあれば良いですし、就職にも有利に働くのではないでしょうか。

基本的にチェックインやチェックアウトですと毎回同じ内容を説明します。

そのために初めは大変ですが、チェックイン、チェックアウトで使用する英語を一度覚えてしまえばあとはその繰り返しです。

出来るだけスムーズに案内した方が良いですが、案内する際は英語案内を用意しているホテルも多いかと思います。

その英語案内に沿いながら慣れていないうちはゆっくりで良いので、間違いなく話せば仕事はこなせます。

ビジネスホテル

ビジネスホテルの場合は英語資格がなくても採用されやすい上、仕事にもあまり影響はしません。

ホテルがある場所にもよりますが、外国の方が来る頻度や人数は他のホテルよりかは少ないはずです。

ビジネスホテルの場合はホテルの案内なども簡単なところも多いので身振りや単語を並べながらの案内で可能です。

もし内線電話が来た場合ですと、他に英語が分かる人がいれば代わり、居ないのであればお客様と直接対面して紙などを利用して会話は可能です。

電話ですとやはり聞きにくく、なかなかスムーズに会話が出来ません。

その為、お客様のお部屋へ行く、もしくはフロントに来てもらい対応すればよいです。

また、ホテルによっては電子辞書や通訳iPadなどを常備しているホテルもあります。
機器を使い、慌てず会話をしてください。

実際にあった英語接客

ホテルで働き感じたこと・案内編

ここでは私が実際に経験したことを紹介していきます。

私のホテルでは初めに宿泊カードにお客様の情報を記入してもらいます。その後、案内に入ります。

まずは外国の方が来られた際には日本語か大丈夫なのかお伺いをします。

まれに日本語がペラペラな方がいらっしゃいますのでお客様に合わせて日本語、英語を使い分けます。

そして私のホテルでは簡易的な案内のみであり、一度文章を覚えてしまえば英語に不慣れな人でも会話は成立しておりました。

全く話せないスタッフは代わりに対応することもありますが、英語が話せるスタッフが
他の仕事で交代が出来なく、そのスタッフが手間取っているときでも多くのお客様は温かく、そして頑張って理解をしようとしてくれます。

そのためビジネスホテルの場合ですと、英語を不安に感じているがホテルで就職したい方でも働きやすいかと思います。

クレーム対応

ほとんどの方がとても優しいですが、やはり多くの方が来られるホテルです。文化によっても考え方が異なりトラブルになる場合もあります。

私が経験した一番大きなクレームになった例をお話しします。

あるカップルの外国の方が来られました。

私のホテルでは専用の駐車場がないため、料金提携の駐車場を案内しておりました。

しかし、私のホテルではホテルの敷地内にも駐車場があり、誤ってそこの駐車場にお客様が車を置いてしまいました。

その為、通常の料金がかかり、お怒りの様子でフロントに来られました。 

駐車場の案内はチラシとホテルの敷地内に掲示がしてありますが、そちらは英語の対応しておらず、ホテル側にも責任がありました。

外国の方でない場合はお客様ご自身でのお支払いとなります。

その為、私は状況を説明しましたが、ご納得いただけず、30分ほどお客様とお話をしました。

やはりそれでもご納得いただけず、上司相談しそのときはホテルの支払いとなりました。
ホテルの支払いになり、落ち着かれてお出かけになりました。

ビジネスホテルの場合、最低人数で運営をし、さらに24時間お客様対応がある為、常に上司がいるわけではありません。

私は夜勤であったために上司とはすれ違いが多く、何かあると指示は電話で聞きながらの対応になってしまう時があります。

外国人の方を相手にしてのクレームは普段より、大変なときもあります。

英語での対応に改めて難しさも感じますが、結果自分にとっても良い経験でした。

団体の接客

時には旅行会社からの申し込みにより外国人の団体で宿泊されるときもあります。

その時はやはり普段より少し大変でした。

国により、中には案内を全く聞かず、あとで何人も同じ内容を尋ねるためにフロントに来られます。

国の文化や性格なので否定はしませんが、やはり普段より仕事が遅くなりなかなか進まなくなってしまいます。

慣れていないうちは普段の仕事にさらに仕事が増え、大変ですが、仕事の効率性を考えて行える機会であるのでこちらも貴重な体験です。

 さいごに

フロントではさまざまな英語経験が出来ます。

ホテルによってはフロントでの英語力に差はあります。英語レベルが高い方、そしてあまり英語が出来なくてもホテルを選べば就職は可能です。

辛いときもあります。しかし、とても楽しいのがホテルフロントです。

ぜひ興味を持っていらっしゃる方は就職候補にしてみてください。

海外旅行・日常英会話・ビジネスに役立つオンライン英会話特集

「趣味として英語を身に付けたい」

「海外旅行に行くので英語を覚えたい」

「仕事で必要になった」

など外国人に通じる英会話を身につけたいですよね。

オンライン英会話は、わざわざ英会話教室に通わなくても、外国人に通じる英語が話せるようになるツールです。

場所や時間を気にすることなく外国人講師とスピーキングレッスンを受けたり、TOEICなど資格学習の授業を受けることができます。

今回は目的別に、低価格で利用でき、スキルアップ可能なおすすめのオンライン英会話サービスを紹介します。

オンライン英会話はかなりの数がありますが、EduSearch編集部が、料金面とサービス内容からおすすめのものを厳選して目的別に1つずつ紹介します。

オンライン英会話のメリット・デメリット

【メリット】
オンライン英会話は料金が安く、好きな場所・好きな時間に学習できるため非常に自由度が高い英語学習ができるのが魅力です。

合わないと思ったら解約も気軽にできます。
【デメリット】
教室に通わないので、一般的には続かないということも起こってしまいます。

目的別でオンライン英会話を探す

格安で外国人とスピーキング強化!レアジョブ

レアジョブは業界トップの実績あるオンライン英会話教室です。

なんといってもレアジョブは講師人が優秀で、世界のノンネイティブスピーカーの中でも1位の英語力を誇る優秀なフィリピン人講師と対面でオンライン英会話レッスンが受けられるサービスです。

ビジネス英語では認定講師と呼ばれる一定以上の指導の質がある講師のみが担当します。

初心者の方も安心で日本人スタッフによる学習相談サポートもあり、オンライン英会話大手の充実したテキストで出張や就職、旅行などに備えることが可能です。

会員数も60万人以上。日常英会話・ビジネス英会話・中高生の英検コースまで幅広く対応しています。

パソコン・スマホ・タブレットと場所を選ばずに学ぶことが可能で、たとえば、朝6時~深夜1時の間、1回25分(187円~)でレッスンを受けることができます。

また、レッスン開始の5分前から予約をして開始することができるので、毎日継続して英語を話す機会が欲しいという社会人の方でも継続して利用しやすいのが特徴です。

料金:日常英会話毎日25分コース月額5800円(187円/1レッスン)、ビジネス英語毎日25分コース月額9800円(316円/1レッスン)
講師:フィリピン人講師
学べるジャンル:日常英会話、ビジネス英語、中高生の英検対策
得意なこと:スピーキングレッスン

編集部の仕様感コメント
最初は日本語通じなさそうだし大丈夫かなと不安でしたが、使ってみると、困った感じは全くしませんでした。

ただ、ある程度英語の基礎があった方が有効活用できそうだなというのが率直な感想です。他の何かで基礎などを身に着けた後か、身に着けながら外国人とも毎日話す機会が欲しいという方におすすめです。

月額980円で日常英会話を本格対策!スタディサプリENGLISH日常英会話コース

スタディサプリENGLISH日常英会話コースは、月額980円で発音やリスニングトレーニング、英語力チェックなどのコンテンツが使い放題です。中学レベルの基礎から英検準1級レベルまで、段階別で学ぶことができます。

スマホ1つで時間や場所に関係なく、高品質な発音矯正や、リスニング力を強化が低価格でできるサービスはスタディサプリENGLISH日常英会話コースくらいといっても良いかもしれません。

趣味で外国人と話したい、旅行に備えて英語力を磨きたい、とにかく英語を通じてなんとなく自分に自信をつけたいという方を始め、英語学習のスタートにもってこいです。

スマホやパソコンで受講可能ですが、ドリル形式ながら、英会話教室で教わるかのように能動的に受講することができるため、英語をアウトプットする機会が多く、毎日継続すれば英語力は確実に伸びます。

スタディプラスENGLISH 日常英会話コース特徴

1.いつでもリスニングテストなどで自分の英語力をチェックできる
2.中学レベル~の細かいレベルで分かれた場面別レッスンで、リスニングと書き取り練習ができる
3.実力確認ができるリーディングテスト、単語力確認テストあり

料金:月額980円
学べるジャンル:日常英会話

編集部の仕様感コメント
日常英会話というと、漠然と外国人と話すことをイメージされる方が多いですが、スタディサプリENGLISH日常英会話コースを使えば、旅行を楽しめるくらいには数カ月ほどでなれます。

外国人と話すために必要な単語力、リスニング力、スピーキングトレーニングができるコンテンツが使い放題で、どのコンテンツも音声を聞き取って単語や文を入力するなどこちらが主体的に学習を進める必要があるので、ついついテキストを眺めるだけなど甘えてしまいがちな自分にはぴったりでした。

月額2980円で本格TOEIC対策!スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース

スタディサプリENGLISH L&Rコースは、月額2980円PART別問題演習、TOEIC模試、英語界のトップ講師である関先生の講義をスマホ1つで受講できます。

英会話とTOEICスコアを平行して、伸ばしたいという方は多くいますが、英会話教室やレアジョブなどスピーキング強化サービスと併用するのもおすすめです。

テキストがかさんでしまい、外出時に持ち運び不便なことが多いTOEIC対策をスマホ一つで全てできるのはかなり便利だといえます。

スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コースの特徴

1.TOEICのPART別対策がスマホで簡単に受けられる
2.トップ講師である関先生の英文法やTOEIC対策講座受け放題
3.学習時間管理機能もついて便利

料金:月額2980円
学べるジャンル:TOEIC対策

編集部の仕様感コメント
TOEICは複数PART別に問題形式が分かれており、スマホとパソコンのみでトレーニングができるため、参考書を持ち運ぶ必要がないのが便利でした。

また、オンラインでトレーニングできるからこそ、結果が記録されます。しっかりと数値で正答率が出ることで、PART別にトレーニングする必要があるなどが分かりとても頼もしいサービスでした。TOEIC学習教材やサービスは数多くありますが、TOEIC800点以下の方で、短期間でTOEICスコアを絶対に伸ばしたいという方におすすめです。

オンラインでプロによる本格パーソナルトレーニング!ALUGO

ALUGOは最低2か月~4か月で、プロの講師からのオンラインマンツーマン指導が受けられるサービス。

他のオンライン英会話サービスや英会話教室と違うのは、英語力を伸ばすために一番重要な自習を継続できるようサポートしてくれるのがALUGOを使う最大のメリットです。

商社や経営コンサルタント、外資系企業勤務のビジネスマンが信頼して利用する質の高いサービスで、忙しい社会人だからこそおすすめです。

料金は高いですが、英語のぐだぐだ学習を卒業したいという方は、思い切って利用してみるのもよいかもしれません。

料金:2カ月プラン198000円、4カ月プラン386000円
学べるジャンル:日常英会話

ALUGO特徴

1.英語力測定&フィードバックで英語力を客観的に把握
2.25分×32回のオンラインマンツーマンレッスン(2カ月コース)で圧倒的なレッスン量(=圧倒的な英語学習時間の確保)
3.バイリンガルセッション50分×8回
4.充実した自学習サポート:宿題管理、オンラインチャットで学習相談など気軽に可能、スピーチ添削(1日2回)、単語学習アプリなど

【紹介したオンライン英会話まとめ】
1.1日187円で毎日25分スピーキング練習「レアジョブ

2.月額980円で本格的な日常英会話対策ができる「スタディサプリENGLISH英会話コース

3.月額2980円で本格的なTOEIC模試とPART別対策ができる「スタディサプリENGLISH L&Rコース

4.料金は高いけど、グローバル企業130社で英学習支援のあるオンラインパーソナルトレーニングができる「ALUGO

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です