英会話

海外で同じアジア人に出身を聞いて不快なおもいをさせてしまった失敗談

日本人にとっては違和感がなくても、外国人にとっては失礼になってしまう話題があります。

“○○人なの?”、“どこ出身?”こういった質問が相手を怒らせてしまう場合もあります。国や文化によって、タブーがあるのです。

筆者は配慮が足らなかったばかりに、相手に不快な思いをさせてしまい苦い経験をしました。

経験をシェアしますので、外国人と接する際にあわや不快な思いをさせないように参考になればと思います。

何も考えず言ってしまった「○○人っぽいよね!」

周りは英語ネイティブだらけ

以前、スリランカでボランティアプロジェクトに参加しました。

欧米の団体を経由して参加したため、周りはアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人など、英語を母語している国の出身者が大半を占めていました。

聞こえてくる英語は、スピードが速く、知らない単語ばかり。TOEICや英語のテストのリスニングとはわけが違います。

少人数での会話ならまだなんとかなりましたが、大人数になると、かろうじて聞き取れてもレスポンスを考えているうちにどんどん次の話題に移ってしまうという状態でした。

英語がある程度できるようになったつもりでしたが、まだまだなんだと自分の力不足を実感しました。

「東アジア系=中国人か韓国人か日本人」という勘違い

そんなときに東アジア系と思わしき女の子が現れました。

彼女の英語は流暢なものの、なんとなく他の欧米系の参加者の英語よりも聞き取りやすい気がします。同胞に会えたような気分でした。

久々に見た目が近い人に出会えたことが嬉しくなってしまったので、ついこう聞いてしまいました。

「あなた、どこ出身?中国か韓国?顔つきが近い人がいると安心するなぁ」

「・・・・? カリフォルニア出身よ。両親は韓国出身だけどね」

彼女とこの会話を聞いていた周りの人々は違和感があるような表情をしていました。

今でもあの気まずい雰囲気は忘れられません。

これはやらかしてしまったかもしれないな、と感じたので、他のアメリカ人の友達にこっそりどう思う?と聞いてみました。

やはり、「それはよくないかもね」と言われました。

海外と日本の感覚は異なる

インド系も中国系もヨーロッパ系も「アメリカ人」

日本だと、住んでいるのは日本にルーツを持つ人が多いので、日本人らしくない見た目の人を見るとどうしても「○○人かな?」と考えがちです。

しかし、アメリカには肌が白くて目が青い人もいれば、インド系や中国系もたくさんいます。そして、これはどこの国でもあることです。

こういう見た目だから、○○人と決め付けることは出来ません。

だから、「○○人だよね?」という質問は、すごく違和感があるよと例のアメリカ人の友達が教えてくれました。

“Where are you from?”もダメな場合がある

また、「○○人だよね?」だけでなく、初対面で「どこの出身なの?」という質問も人によっては悪い印象を受けるかもしれないとも教えてもらいました。

自分の国を誇りに思っている人ももちろんたくさんいるけど、いろいろな複雑な事情で答えたくない人もいるからです。

「どこ出身なの?」という質問は、向こうから同じ質問をしてきた時やある程度仲良くなってからするのが賢明といえるかもしれません。

そのあと韓国系アメリカ人の女の子には謝って仲良くなれたので、事なきを得ましたが、自分の国際感覚の未熟さを痛感させられた出来事でした。

年齢、見た目、体型について聞くのもNG

また、年齢を聞くのも、見た目や体型について言及するのも、NGです。

日本では会話の切り口として、年齢・見た目・体型について聞くのはよくあることですが、海外ではそれは失礼なことと捉えられてしまう場合もあります。

日本では、年齢によってある程度上下関係が決まります。

しかし、海外、特に欧米では何歳であってもその人はその人なので年齢は関係ない、年齢を知る必要は特にないという感覚です。

また、日本人が羨ましいと感じている高い鼻やスラッとした体型も、本人たちからしたらコンプレックスだったり当たり前のことだったりします。

ですので、「鼻が高くて、顔が小さくてスタイルがいいね!」と褒めるつもりで言っても、「鼻が大きくて不細工で、頭が小さくて馬鹿そうってこと?!」と悪く取ってしまうことがあります。

文化に配慮して、気持ちのいい交流を

日本でも国際化が進んでいるので、海外に出なくとも、いろいろな出自を持つ人と関わる機会が増えています。

日本の中にいるだけでこういった感覚を養うのは難しいことですが、国や文化によって、感覚が異なることを念頭に置いて、相手を不快にさせず、円滑な関係を築いていきたいです。

私の失敗が誰かのお役に立てば幸いです。

海外旅行・日常英会話・ビジネスに役立つオンライン英会話特集

「趣味として英語を身に付けたい」

「海外旅行に行くので英語を覚えたい」

「仕事で必要になった」

など外国人に通じる英会話を身につけたいですよね。

オンライン英会話は、わざわざ英会話教室に通わなくても、外国人に通じる英語が話せるようになるツールです。

場所や時間を気にすることなく外国人講師とスピーキングレッスンを受けたり、TOEICなど資格学習の授業を受けることができます。

今回は目的別に、低価格で利用でき、スキルアップ可能なおすすめのオンライン英会話サービスを紹介します。

オンライン英会話はかなりの数がありますが、EduSearch編集部が、料金面とサービス内容からおすすめのものを厳選して目的別に1つずつ紹介します。

オンライン英会話のメリット・デメリット

【メリット】
オンライン英会話は料金が安く、好きな場所・好きな時間に学習できるため非常に自由度が高い英語学習ができるのが魅力です。

合わないと思ったら解約も気軽にできます。
【デメリット】
教室に通わないので、一般的には続かないということも起こってしまいます。

目的別でオンライン英会話を探す

格安で外国人とスピーキング強化!レアジョブ

レアジョブは業界トップの実績あるオンライン英会話教室です。

なんといってもレアジョブは講師人が優秀で、世界のノンネイティブスピーカーの中でも1位の英語力を誇る優秀なフィリピン人講師と対面でオンライン英会話レッスンが受けられるサービスです。

ビジネス英語では認定講師と呼ばれる一定以上の指導の質がある講師のみが担当します。

初心者の方も安心で日本人スタッフによる学習相談サポートもあり、オンライン英会話大手の充実したテキストで出張や就職、旅行などに備えることが可能です。

会員数も60万人以上。日常英会話・ビジネス英会話・中高生の英検コースまで幅広く対応しています。

パソコン・スマホ・タブレットと場所を選ばずに学ぶことが可能で、たとえば、朝6時~深夜1時の間、1回25分(187円~)でレッスンを受けることができます。

また、レッスン開始の5分前から予約をして開始することができるので、毎日継続して英語を話す機会が欲しいという社会人の方でも継続して利用しやすいのが特徴です。

料金:日常英会話毎日25分コース月額5800円(187円/1レッスン)、ビジネス英語毎日25分コース月額9800円(316円/1レッスン)
講師:フィリピン人講師
学べるジャンル:日常英会話、ビジネス英語、中高生の英検対策
得意なこと:スピーキングレッスン

編集部の仕様感コメント
最初は日本語通じなさそうだし大丈夫かなと不安でしたが、使ってみると、困った感じは全くしませんでした。

ただ、ある程度英語の基礎があった方が有効活用できそうだなというのが率直な感想です。他の何かで基礎などを身に着けた後か、身に着けながら外国人とも毎日話す機会が欲しいという方におすすめです。

月額980円で日常英会話を本格対策!スタディサプリENGLISH日常英会話コース

スタディサプリENGLISH日常英会話コースは、月額980円で発音やリスニングトレーニング、英語力チェックなどのコンテンツが使い放題です。中学レベルの基礎から英検準1級レベルまで、段階別で学ぶことができます。

スマホ1つで時間や場所に関係なく、高品質な発音矯正や、リスニング力を強化が低価格でできるサービスはスタディサプリENGLISH日常英会話コースくらいといっても良いかもしれません。

趣味で外国人と話したい、旅行に備えて英語力を磨きたい、とにかく英語を通じてなんとなく自分に自信をつけたいという方を始め、英語学習のスタートにもってこいです。

スマホやパソコンで受講可能ですが、ドリル形式ながら、英会話教室で教わるかのように能動的に受講することができるため、英語をアウトプットする機会が多く、毎日継続すれば英語力は確実に伸びます。

スタディプラスENGLISH 日常英会話コース特徴

1.いつでもリスニングテストなどで自分の英語力をチェックできる
2.中学レベル~の細かいレベルで分かれた場面別レッスンで、リスニングと書き取り練習ができる
3.実力確認ができるリーディングテスト、単語力確認テストあり

料金:月額980円
学べるジャンル:日常英会話

編集部の仕様感コメント
日常英会話というと、漠然と外国人と話すことをイメージされる方が多いですが、スタディサプリENGLISH日常英会話コースを使えば、旅行を楽しめるくらいには数カ月ほどでなれます。

外国人と話すために必要な単語力、リスニング力、スピーキングトレーニングができるコンテンツが使い放題で、どのコンテンツも音声を聞き取って単語や文を入力するなどこちらが主体的に学習を進める必要があるので、ついついテキストを眺めるだけなど甘えてしまいがちな自分にはぴったりでした。

月額2980円で本格TOEIC対策!スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース

スタディサプリENGLISH L&Rコースは、月額2980円PART別問題演習、TOEIC模試、英語界のトップ講師である関先生の講義をスマホ1つで受講できます。

英会話とTOEICスコアを平行して、伸ばしたいという方は多くいますが、英会話教室やレアジョブなどスピーキング強化サービスと併用するのもおすすめです。

テキストがかさんでしまい、外出時に持ち運び不便なことが多いTOEIC対策をスマホ一つで全てできるのはかなり便利だといえます。

スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コースの特徴

1.TOEICのPART別対策がスマホで簡単に受けられる
2.トップ講師である関先生の英文法やTOEIC対策講座受け放題
3.学習時間管理機能もついて便利

料金:月額2980円
学べるジャンル:TOEIC対策

編集部の仕様感コメント
TOEICは複数PART別に問題形式が分かれており、スマホとパソコンのみでトレーニングができるため、参考書を持ち運ぶ必要がないのが便利でした。

また、オンラインでトレーニングできるからこそ、結果が記録されます。しっかりと数値で正答率が出ることで、PART別にトレーニングする必要があるなどが分かりとても頼もしいサービスでした。TOEIC学習教材やサービスは数多くありますが、TOEIC800点以下の方で、短期間でTOEICスコアを絶対に伸ばしたいという方におすすめです。

オンラインでプロによる本格パーソナルトレーニング!ALUGO

ALUGOは最低2か月~4か月で、プロの講師からのオンラインマンツーマン指導が受けられるサービス。

他のオンライン英会話サービスや英会話教室と違うのは、英語力を伸ばすために一番重要な自習を継続できるようサポートしてくれるのがALUGOを使う最大のメリットです。

商社や経営コンサルタント、外資系企業勤務のビジネスマンが信頼して利用する質の高いサービスで、忙しい社会人だからこそおすすめです。

料金は高いですが、英語のぐだぐだ学習を卒業したいという方は、思い切って利用してみるのもよいかもしれません。

料金:2カ月プラン198000円、4カ月プラン386000円
学べるジャンル:日常英会話

ALUGO特徴

1.英語力測定&フィードバックで英語力を客観的に把握
2.25分×32回のオンラインマンツーマンレッスン(2カ月コース)で圧倒的なレッスン量(=圧倒的な英語学習時間の確保)
3.バイリンガルセッション50分×8回
4.充実した自学習サポート:宿題管理、オンラインチャットで学習相談など気軽に可能、スピーチ添削(1日2回)、単語学習アプリなど

【紹介したオンライン英会話まとめ】
1.1日187円で毎日25分スピーキング練習「レアジョブ

2.月額980円で本格的な日常英会話対策ができる「スタディサプリENGLISH英会話コース

3.月額2980円で本格的なTOEIC模試とPART別対策ができる「スタディサプリENGLISH L&Rコース

4.料金は高いけど、グローバル企業130社で英学習支援のあるオンラインパーソナルトレーニングができる「ALUGO

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です