音楽教室

自宅に講師を呼んでピアノレッスンする際のメリット・デメリット

ピアノを習うとき、ピアノ教室と自宅レッスン(ピアノの家庭教師)のふたつの選択肢があります。

自宅に講師を招いての出張レッスンにはどんなメリットがあるのでしょう。デメリットとあわせて解説します。

自宅でピアノレッスンするメリット

.
講師を自宅に招いてピアノレッスンするメリットは、なんといっても自分のペースでゆったりとレッスンを進められることです。

自宅というリラックスできる空間で、設定されたレッスン日時や持ち時間を気にすることなく練習できます。

まわりに人がいると緊張したり、ペースを乱されてうまく弾けないという人にも自宅レッスンは向いています。

普段から弾きなれているピアノでレッスンできるのも大きなメリットです。

ピアノ教室のピアノは大勢の人数で使ったり、なじみのないものであることも多いので、慣れるまでに時間がかかったり、思うような音がだせないこともあります。その点、自分の家にあるピアノなら安心です。

講師がレッスン環境を把握できるのも自宅レッスンならでは。普段どんな環境でピアノを弾いているのか、椅子の高さや音の反響、調律具合などを知ることで、より具体的なアドバイスが可能です。

調律のズレがあれば的確に指摘してもらえるので、いつでも正しい音をキープできます。

通学する必要がないので、その分の時間を練習やそのほかの用事に有効活用できるのも自宅レッスンの魅力です。

自宅でピアノレッスンするデメリット

料金が高い

講師を招くとなると、まず気になるのが料金です。個人レッスンなのでどうしてもピアノ教室のレッスン料より割高になってしまいます。

最近はリーズナブルな出張レッスンも増えていますが、それでも負担は大きくなります。

ピアノのメンテナンスがかなり大変

使用するピアノが問題となることもあります。ピアノはとても繊細な楽器です。こまめな調律や整調、整音が必要となってきます。

自分で行うには相当なテクニックがいりますし、定期的なメンテナンス料金もけっして安くはありません。個人の家で完璧な音に仕上げることは難しいものです。

たいていの場合、自宅にあるピアノはアップライトでしょう。初級から中級程度までのレッスンならそれでも十分ですが、上級以上のテクニックを身につけようとなるとやはりグランドピアノで本物の音をつかみたいところです。

自宅にグランドピアノがあれば問題はありませんが、音響設備などの住居環境からアップライトをもっていることのほうが多いでしょう。

ピアノ教室や講師の自宅でのレッスンならグランドピアノが用意されているので、いつでも調律された正確で明確な音をたのしむことができます。

競争相手がいないため、上達に支障が出ることも

競争相手がいないというのも、デメリットかもしれません。ほかの人を気にすることなく練習に没頭できるのはいいのですが、ほかの人が奏でる音に触れる機会がないので、自分だけの音にこもってしまいかねません。

たまには人の演奏を聴いて、自分の音を振り返ることも大切でしょう。

講師へのおもてなしを考えてしまう

それから意外に気を遣うのが、講師の方へのおもてなし。自宅にきてもらうのですから、お茶やお菓子を用意して労いたいものです。

部屋もキレイに片づけておきたいですよね。講師がトイレを借りることもあるかもしれません。プライベート空間へ人を招くのですから、レッスン以外の部分を考える必要もあります。

メリットとデメリットを踏まえた上で、自宅レッスンを失敗しないためのポイント

自分の家というリラックスできる空間で人目を気にすることなく自由にレッスンできるのは、伸び伸びとした音づくりによい効果をもたらします。

デメリットをたくさん並べてしまいましたが、それを超える快適さ・気軽さ・便利さが自宅レッスンにはあります。

自宅レッスンをする場合は、次のことに気を付けましょう。

・調律、整音など定期的なメンテナンスをきちんと行う
・積極的にほかの人の演奏を聴く機会をもつ
・講師をもてなす(精神的な)余裕も大事

この3点さえ気を付ければ自分のペースで快適にレッスンにのぞめます。自宅でリラックスしながらゆとりあるたのしいピアノ生活を過ごしてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です